熟睡しない日々が続くとどうなる?:高血圧になる可能性が高まる

MENU

熟睡しない日々が続くとどうなる?:高血圧になる可能性が高まる

 

人間本来備わる三大欲は食欲、性欲、睡眠欲などと言われますが、食欲と睡眠は生命維持の為の潜在意識に宿る必要不可欠な欲求です。

 

そんな中熟睡できないという人が増えています。大人だけでなく、小中学生にも不眠を訴える子供が増えているというから驚きです。

 

背景にはIT化の進歩による液晶画面からの24時間の刺激や、便利になり過ぎた故の昼夜逆転生活など、利便性と引き換えに生じた時代の闇も見え隠れします。

 

熟睡できないと当然健康に影響が出て、中には精神を病むケースも見られます。

 

また、精神は至って健康でも高血圧になる可能性が高くなり、強いては心臓病や昨今叫ばれる成人病のリスクが高まってしまいます。

 

不眠と血圧はどういった関係でしょう。血圧は心臓に血液を送り込むポンプの役割を担う動脈の状態を計測します。

 

これは血液循環の速さや量を知る事も可能で、全身の健康状態のバロメータとして一般家庭でも計測する人が多いものです。体重計などと同じ感覚で捉えると良いでしょう。

 

不眠が続くと、本来疲れを回復する機能が低下するため、無理矢理身体や脳を動かそうと負荷が多くなります。すると身体にストレスが溜まり、高血圧に陥り易くなります。

 

血圧は低くても高くても健康に良い影響は与えません。

 

リラックスして心身共に休める事で、疲れがリセットされ、毎日の生活を維持する事が可能になります。

 

人間はロボットではありません、休息(熟睡)しなければ生きて行く事が出来ない生物です。

 

当たり前の事を疎かにすると、ある日突然体調不良を起こす事があるので、毎日の自分の体のケアを行う必要があります。

 

特に大人は若干の無理も効きますが、成長盛りの子どもは、睡眠はより重要な意味を果たします。

 

睡眠中に成長ホルモンが分泌され、身長や体重の増加に繋がり、脳の発生も助けるからです。

 

家族の1人でも健康を害すると様々な形で生活に支障が出ます。健康で楽しく毎日を過ごす為に、今一度家族の生活習慣を見直してみては如何でしょう。

 

2〜3日寝不足だからと言って気にする必要はありません、不規則な生活を何年も送る事が問題なのです。

 

将来の自分の健康の為に今日から少し早く寝る、眠る1時間前からパソコンもテレビも見ないなど、努力を始めてみましょう。

 

ただ眠るだけでなく、良質の睡眠を取る事も必要です。カフェインの取り過ぎは控え、適度な運動もお忘れなく。

 

少しの努力の積み重ねがもたらす効果は計り知れません。

 

 

睡眠障害が健康に与える影響とは?自律神経の不調は寿命にも影響する?

 

 

なかなか寝付けない、寝ても夜中に目が覚めてしまう、朝早い時間帯に目覚めてしまうなど睡眠障害の場合にはさまざまなタイプがあります。睡眠をしっかりと取れないことで体の機能にも影響を及ぼし、疲労やストレスが溜まりやすい状態になるため、体調不良や病気にかかりやすい状態で日々、過ごすことにもなり自律神経への影響の他にも寿命にも影響する可能性がでてきます。

 

睡眠障害の原因

 

睡眠に関してしっかりと睡眠を取ることができないという場合には、さまざまな原因が挙げられます。環境的な問題や体や精神面、生活の状況などによって症状が出る可能性があるため、自分の生活状況を振り返ってチェックすることが必要です。

 

環境が原因となる場合には、住む地域によって気温などの違い、明るさや時差などによる影響など、今までとは違う生活環境になることで発症することがあります。暑い地域から寒い地域に引越しをする場合など今までとはまったく違う環境で過ごすことで体のほうが慣れていないため、ストレスとなり自律神経などに影響を及ぼす可能性があります。

 

体に関してもアレルギー症状などによるかゆみや怪我などによる痛みによって症状がでることもあります。ですが、体的な原因の場合には原因となるかゆみや痛みが緩和される、治療によって改善させることにより
睡眠に影響を及ぼさなくなり症状が回復する可能性も高いといえるでしょう。

 

精神的にストレスを抱えやすい生活状況の場合には、自律神経が乱れやすいという特徴があります。そのため夜、疲れているのに寝付けない、常に緊張状態になる傾向があり、寝ることに対しても神経質になることで寝なければいけないというプレッシャーによってより症状が悪化する可能性があります。少しでもストレスを軽減することやリラックスできる生活状況を作り、疲れたら寝ればいいというような少し気楽な思考を持つことも改善につながります。

 

食生活などによってカフェインやアルコールの摂取量が多い生活をしている場合や運動不足や薬などの副作用による影響などさまざまなことが原因となる可能性があります。症状が出る場合には、食生活や生活習慣を一度見直すことが重要です。

 

 

健康に与える影響

 

睡眠がしっかりと取れていない状態は、慢性的な疲労やストレスを抱えやすい状態です。そのため、体の機能的にも影響がでてしまい、頭痛やめまい、肌荒れや胃腸の荒れなどさまざまな症状を引き起こす可能性がでてきます。また、成長期などの大切な時期において睡眠不足状態やしっかりとした睡眠が取れていない状況は、ホルモンバランスに影響を与えることになります。身長に対しても影響が出てしまうこともあるため、できるだけ睡眠をしっかりと取れるように症状の改善をしていくことが重要なポイントになります。

 

 

寿命に対しての影響

 

生活習慣の乱れを改善し規則正しい生活や適度な運動をする習慣を身に着ける、食生活によりしっかりと栄養を摂取することで心身共に健康を維持することにつながります。また、睡眠をしっかりと取るということも健康面には大きく影響してくるため、寿命に関しても少なからず影響を及ぼす可能性はあります。不健康な生活状況は、病気にかかりやすい、体調不良になりやすいため体に対しての負担も増えることになり、精神的にもあまりいい影響を与えません。その状況が長引けば寿命に関して影響を及ぼす可能性は上がることになるでしょう。

 

睡眠障害を予防や改善するためには

 

睡眠障害に悩む方や予防したい方は、生活習慣や食生活の改善をすること、ストレスを軽減するために生活の中でストレスを解消できる方法を取り入れていくことが重要です。日々、仕事や私生活において忙しい方は生活状況を改善していくことはかなり難しい傾向もありますが、自分にできる範囲で改善をしていくことは大切です。また、コーヒーをよく飲む方や飲み会などが多くアルコールを摂取する機会が多い方もノンカフェインの飲料に切り替えてみることや少しでもアルコールの量を減らしていくように、自分で意識して食生活に関しても改善していくことが、予防や対策につながります。

 

精神面においても仕事などに関してのプレッシャーから緊張や不安の連続で日々、過ごす方もいるでしょう。ですが、自身の体のことを気遣うなら転職するという選択をしてみることも、一つの方法です。ストレスを過度に抱えてしまうと体にとって悪影響になり睡眠障害だけでなく他にもさまざまな影響を及ぼすことになります。自分の精神面の安定をはかるためにいろいろと行動してみることが大切です。

 

睡眠障害に関して自分でできる対策もありますが、症状によっては医療機関に頼ることも必要です。自分一人で解決することが厳しい場合には、医療機関など専門家を頼ることも重要なことです。精神面に関してもカウンセリングを受ける、治療をしてもらうなどいろいろと方法があるため、状況によっては医療機関を利用してみましょう。